緑黄色野菜とはどのように体に良いのか

緑黄色野菜とはどのように体に良いのか

緑黄色野菜は体にいいということは誰でも一度は聞いたことがあるかと思いますが、そのそもそもの分類方法としてはその野菜自体の色合いが濃く、カロテンを多く含んでいるものが緑黄色野菜とされます。(可食部分の100g内にカロテンが600μg(マイクログラム)以上含有されているものをいう)

 

代表的な緑黄色野菜としては、カロテンが多く含まれるカボチャやニンジンが挙げられると思います。カロテン以外に緑黄色野菜に含まれる栄養素としては、様々なビタミン、ミネラルがあります。

 

また、緑黄色野菜と対比されているのが淡色野菜といいます。具体的には玉ねぎ、長ネギ、ニンニクなどがこれに該当しています。(緑黄色野菜ではないその他の野菜と区別する為に、淡この名前で呼ばれることが多いようです)

 

緑黄色野菜に含まれるカロテンとは、カロテノイドの一種で、「アンチエイジング」(肌のたるみやしわ、体内血管のサビ防止)に有効な抗酸化に非常に有効な栄養素と考えられています。ストレスや油分の多い食事、喫煙などで増加してしまった活性酸素に対して効果を発揮してくれる緑黄色野菜を食べることで、いつまでも若々しい体を保つことができるのです。

 

それらは食事を通して体内で吸収されると、その必要量に応じてビタミンAに変換され、 体内の皮膚・粘膜や免疫の機能の正常化に効果を発揮するとされています。その他にもルテインと呼ばれる栄養素も含まれており、これは大人の方の記憶力の向上や、なんと認知症の予防にも効果が期待できることがわかってきています。

 

カボチャもニンジンも、天ぷらやスープなど様々なスタイルで食べやすく調理すれば、無理なく摂取することが可能です。

 

また現在では緑黄色野菜を使用した野菜ジュースや、タブレットなども続々登場してきており、毎日緑黄色野菜を摂取することのハードルは日々下がり続けているといっても過言ではありません。

 

体に様々な好影響を与えてくれる緑黄色野菜を計画的に摂取して、明日の自分の健康に役立てましょう。"